学資 保険・ナビゲーション

学資保険とは将来のお子様の教育資金等の貯蓄を目的とした保険です。教育に必要な資金は子供が大きくなり、生活費がかさんでくる前にその計画をしておく必要があります。
学資 保険
教育のかかる費用はあなたの想像以上に大きなものです。仮に、小学校から大学まですべて公立に通ったとしても合計は約1300万円ほどで、すべて私立の場合では約2800万円もの教育費がかかるのです。この他にも塾や習い事の費用、交通費やお小遣い、私立の学校であれば寄付金など、お金のかかることばかりです。ただ、教育費は一度に全てがかかるわけではありませんので、計画的に最低でも一番負担が大きい、高校・大学の資金を早くから準備しておくことが肝要です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



当選報告
子供が2歳になるっていうのに貯金できてないし、学資保険も入れてない大学までいくとして・・ 恐ろしいです って事でやっぱり貯金は大事 悩んでいます!コンプレックス解消術体の悩みを解決しよう! 人気商品・高リピ率の商品を紹介しています。 ...続きを読む


学資保険について
学資保険について学資保険の検討をしています。わけあって郵便局の学資保険をするしかなさそうなのですが足を運ぶたびに窓口の対応の悪さに辟易しています。これが原因ではないですが、今は郵便局はあまり人気ないですよね。話がそれてしまいましたが、学資保険にまつわるいくつかについて質問があります。・住んでいる市の医療費助成制度は3歳まで医療費入院無料、その後小学校3年生まで1日最大700円、入院最大月2800円の負担です。適応されているうちは子供に保険はいらないと考えてもいいのかな、とふと思いました。・検討しているのは18歳満期の学資保険100万円一括払いです。一括払いなので元本割れをすることはなさそうなのですが、割戻し金の多いソニー生命などを見ると損してるように思ってしまいます。でもソニー生命に入って共済などに入ると結局同じような気もするし。あと郵便局では7月より内容が変わると言われました。詳しくは聞けませんでしたが、入院が5日目からが1日目になったりと保険の部分が手厚くなるような感じでした。もちろん金額も変わるそうです。(増えるか減るかはまだ未定とのこと)以上のことを総合して、学資保険に入るのは医療助成制度の適応が終わってからでもいいんじゃないかなと思いました。(その間その一括のお金は定期預金にでもしておく)もしくは、保険が必要になった歳に掛け捨てではなく60歳払い済の医療保険なんかに入ってあげるのもいいかなとも。なにがなんでもお金(元金)を増やしたいとも思いませんが、元金が減ったり、無駄な保険をかけるのはもったいないと考えています。なんせ知識があまりないし考えているうちになにがなんだか分からなくなってきたので質問させていただきました。助言いただけると幸いです。いろんなお話聞かせてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。続きを読む


レーシック(近視手術)で幸運をつかんだお話


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。